気分転換でHappy Life

ストレスを上手に発散!

雑誌で興味ある情報を頭に詰め込んで気分転換しよう

サイトについて

サイトについて

看護師歴12年の私がこのサイトの管理人です。12年も看護師を続ける事ができたのは、上手く気分転換ができているおかげだと思います。看護師はストレスが多くなる仕事ですので、ストレスに負けないよう上手に気分転換をしなくてはいけません。このサイトでは自分の体験も含め、色々な気分転換方法をご紹介しています。このサイトのお問い合わせはこちら

情報を頭に詰め込める雑誌

情報を頭に詰め込める雑誌
雑誌を読もう

雑誌を読もう

常に仕事で疲れている人は、仕事モードからプライベートモードに上手く切り替えができないようです。特に仕事が煮詰まった時は、帰宅してもずっと仕事の事ばかり考えてしまうのです。これではいつまでたっても頭を休ませる事ができませんので、頭を切り替える為にも気分転換が必要です。
その方法のひとつとして雑誌を読むことをおすすめします。仕事帰りにコンビニに寄り、目に留まった雑誌を2、3冊無差別に買ってみましょう。ジャンルは何でも構いません。週刊誌やファッション誌、料理雑誌、何でもありです。それを帰りの電車の中でパラパラと流し読みしていると、ふと気になる記事を見つける事があります。その記事を読んでいるとつい夢中になり、気がつくと頭の中がすっかりその記事への興味に切り替わっているのです。

おすすめの雑誌

おすすめの雑誌

深く考えなくても読める雑誌はたくさんありますが、東京ウォーカーのようなイベント雑誌も良いでしょう。都内で開催されるイベント情報や日帰りで行けるスポットを紹介していますので、「このイベントは面白そうだな」と興味を持った瞬間、すでに気分転換ができています。
また、気になる家電や家具のカタログを貰ってきて読んでも楽しいと思います。あれが欲しいこれが欲しいと思う物欲は未来志向なので、気分を前向きにしてくれます。女性ならお気に入りのブランドのカタログなども良いでしょう。雑誌やカタログなら読み終えた後は捨ててしまえば荷物にもなりません。

あえて情報を詰め込む

あえて情報を詰め込む

仕事で煮詰まった頭にあえて情報を入れると、不思議な事に頭がいっぱいになるどころか、煮詰まった考えが押し出されるような感覚となります。その情報は仕事に関するものではなく、自分が興味のあるものなら何でも良いのです。つまり、いくら考えても答えが出ないものは一度頭から切り離す方が良いのです。その為には、興味関心を別なものに移すと切り離しやすくなりますので、何も考えずに読める雑誌がおすすめです。
帰りにカフェに寄れるなら、コーヒー片手に買い込んだ雑誌を読むと更に気分転換できるでしょう。カフェなら新聞や雑誌等を置いているところもありますので、自分の買った雑誌に飽きたら他の雑誌を読む事もできます。
日々の中に少しでも仕事から離れられる時間を作る事や、頭の中を空っぽにする時間作りをする事で簡単に気分転換ができます。仕事人間になるなとは言いませんが、良い思考を生む為にもリセット時間を設けるのは大切な事です。

Copyright © 2016 気分転換でHappy Life All Rights Reserved.